カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

食物アレルギー対応、グルテンフリーの食パン用「小麦ゼロ米粉ミックス粉」販売サイト【アレンタウン】へようこそ

原材料 混入事故問題について考える

2008年2月1日

JTの子会社が販売した中国産の餃子に殺虫剤の成分が混入していた事件が大問題となっています。殺虫剤の成分ということが驚きで、何らかの悪意があったかどうかは不明ですが、国内のあらゆる工場を視察したり品質改善に関わってきた私たちからすれば、混入事故は珍しいことではありません。特に衛生管理や従業員のモラル管理が行き届かない海外の工場ではなおさらです。

今回はたまたま中国産が問題になっていますが、これは海外産に限ったことではなく、家内工業的な工場や、「ミートホープ偽装」のような同族企業の管理下ではあり得ることなのです。

例えば米粉製品についていえば、当店で取り扱っている小麦アレルギー対応の製品は全て国内産100%のものをつかっていますが、市販されている他の商品は中国産の米粉が多いことも事実です。

アレンタウンが国内で品質管理の行き届いた優良会社、優良工場、優良経営者の商品のみに絞ってきた理由はまさにここにあります。当店で取り扱っているアレルギー対応食品では、ケーキに入るバナナや、大手メーカーのレトルト食品の香辛料の一部、ホワイトソルガム粉(アメリカ産)などに海外産のものを使っておりますが、それ以外は意図的に国内産原料・国内工場にこだわって選定しております。

今後、原材料の値上げと、国内産へのシフトとともに、食品の値上げが進むと思われます。事故が起こってからあわてるよりも、メーカー、小売、お客様が、このような事態を日頃から想定して商品選定をしていれば、値上げパニックによるダメージも最小限におさまるでしょう。
(文:螢宗璽灰燹‐ι奮発部部長 平野博久)



食物アレルギー対応食品&オーガニックコットン商品の通販トップへ

記事

ページトップへ