カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

食物アレルギー対応、グルテンフリーの食パン用「小麦ゼロ米粉ミックス粉」販売サイト【アレンタウン】へようこそ

賞味期限について考える

最近の賞味期限改ざんなどの不祥事により、消費者の皆様から製造メーカーへの不信感は増すばかりでしょう。一連の不祥事は、メーカーがいったん自主設定した賞味期限を後から改ざんしたことであり、お腹をこわしたり、食中毒を起こすような賞味期限自体の設定ミスではないことが余計に消費者に混乱を与えました。


賞味期限って何?

そもそも賞味期限とは何でしょうか?わかりやすくまとめると


■賞味期限の定義
加工食品、スナック菓子や缶詰、乳製品など比較的劣化が遅い商品について、未開封で適切に保存した場合に、その商品に期待される品質や風味が充分保持されると認められる期間。

ちなみに弁当や生菓子、調理パンなどおおむね5日以内に痛みやすい商品は「消費期限」という表示をつける。

食品衛生法の「品質保持期限」とJAS法の「賞味期限」が併用されていたが、消費者にとってわかりにくいとの事から「賞味期限」という表記に統一された。

■賞味期限はどのように設定されるのか
期限日の設定は、保存試験等のデーターに基づき、メーカーが独自に設定。



多くのメーカーは消費期限をかなり厳しく設定しているため、消費期限を過ぎても長い期間、味や品質を保っている商品も多いのです。しかし、まだまだ食べられるにもかかわらず、賞味期限を1日でも過ぎると、これらは大量廃棄されることになります。良く解釈すれば、この「もったいない」という意識が一部のメーカーに改ざんを起こさせた動機となりました。



●一人歩きをする賞味期限

テレビ番組の街頭インタビューで「賞味期限を過ぎた食べ物はどうしますか?」という問いに対して、小学生の多くが「捨てる」と答えていたのにはいささか違和感がありました。

ある年代以上の多くの消費者は、賞味期限の基準は自分の「目」「鼻」「手」「口」であり、外観や臭い、手触り、ひと口食べた味などで自己判断する知恵と経験がありました。

賞味期限は購入時の保存期間の目安にはなりますが、賞味期限を境に食べられなくなるわけではありません。「販売店がそんなこと言っていいの?」と違和感を持たれるかもしれませんが、下記はニッポンハムのサイトから引用した一文です。

ー 賞味期限は、余裕をもって定められています。期限を越えたその日から急激に品質が劣化するわけではなく、適切な保存方法を守っている場合は、期限日を超えても、数日間は充分食べられます −

痛みの早いハム類でもそうなのですから、乾麺やレトルト食品などは少なくとも数日間なんてことはないことは想像できます。大手メーカーでもこのように堂々と賞味期限についての解釈を明記しています。

しかし、この賞味期限がメーカーによる自己基準のため、あるメーカーは厳しく、あるメーカーはぎりぎりに設定しているかもしれません。そこが私たちにとって悩ましいところです。一般的には知名度の高い大手メーカーほど、厳しい基準で消費期限を設定しています。


結局は、賞味期限までに食べきるように計画的に購入することが一番望ましく、精神衛生上もよろしいですが、もしも消費期限を過ぎてしまった場合も、それがすぐに「お腹をこわすよくないもの」に変わるわけではないということです。もちろん、期限を過ぎて食べたものであたった場合は自己責任となるので、それなりに判断するための覚悟は必要ですが。

当店で扱っている食物アレルギー対応食品は、大手メーカーのものか、注文生産しかしないものがほとんどのため、賞味期限に関するメーカー側の意識は非常に高いといえます。

逆に個人事業主や小さな小売店などが自家製の食品などをつくって売り始めると、賞味期限の設定自体に根拠がないため、余った商品の賞味期限の改ざんなどの誘惑の温床となってしまうのです。

過去のコラム: 賞味期限について考える 



食物アレルギー対応食品&オーガニックコットン商品の通販トップへ

記事

ページトップへ