カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

食物アレルギー対応、グルテンフリーの食パン用「小麦ゼロ米粉ミックス粉」販売サイト【アレンタウン】へようこそ

アフィリエイト、相互リンクをお断りしている理由

2006年11月29日

1日数件のアフィリエイト依頼のメールをいただくようになりました。個人が作成するブログなどで通販サイトが取り扱っている商品を紹介して、そこからクリックされて売れた場合の利益(だいたい3%前後)を得る「アフィリエイト」の通販が多くなったためです。しかし、当社では全てお断りしております。

アフィリエイトで「月収100万円のカリスマ主婦」のようなノウハウ本が出回っていますが、出版社が主婦を担ぎ上げているケースなど、全く事実に反するケースがほとんどです。アフィリエイトでは1,000円の商品を紹介して売れたとしても、ブログ運営者に入ってくる利益は30円そこそこです。仮に月に100万円の収入をあげていても、利益は3%として、自分の収入は3万円。いくつものブログサイトを運営し、何百、何千におよぶ商品を紹介するために1日中パソコンに張り付いても月に3万円なのです。

その前に、本当に月に数百万円も売り上げるサイトなら、本でそのノウハウを開示したり、運営者の主婦が講演活動などで副収入を得ようとしていること自体をおかしいと思ったほうがいいでしょう。

つまり、アフィリエイトで稼ぐためには、膨大な商品数を紹介する必要があり、見たことも使ったこともない商品に対してインプレッションを書くというようなことが当たり前となっています。運営者に悪気はなくても、食物アレルギー対応の食品が「食物アレルギーの方にぴったり」「アレルゲンが一切入っていません」などや、オーガニックコットンについては「アトピーによく効きます」などといった紹介をされてしまうのです。

私たちは、無責任な販売者と、無責任な紹介者へ商材を提供することは、当然ながら同じ責任を負うことと解釈しています。まさにこれがアフィリエイトを排除している理由です。今後、優良かつ公正なアフィリエイターが出現すれば、個別に審査・検討などはしていく必要はあるかもしれません。

また、「相互リンク」の依頼もよく受けます。「相互リンク」とは、集客力の弱いサイトが、Yahooなどの検索エンジンで上位の表示をさせるために、いろいろなサイトの広告やバナー、リンクなどをお互いに貼り合うことです。よくサイト内に「リンク集」などを設置しているサイトを見かけることでしょう。自社サイトと全く関係のない商品やサービスの広告ならまだ良いのですが、利害関係がからんでくると、どうしてもコンセプトが不明確になったり、利益率の良い商品を売りたくなる衝動を抑えられなくなります。

通常は「アフィリエイト」や「相互リンク」を依頼された場合は、快く引き受けるサイトが多いのですが、当社が断ると不思議そうに理由を聞かれます。以上のような理由から「アフィリエイト」「相互リンク」をお断りしているのです。

食物アレルギー対応食品&オーガニックコットン商品の通販トップへ

記事

ページトップへ