カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

食物アレルギー対応、グルテンフリーの食パン用「小麦ゼロ米粉ミックス粉」販売サイト【アレンタウン】へようこそ

工場の異物混入

'06年9月7日

ノートパソコンに搭載されたソニー製のリチウムイオン電池が原因で、発火騒ぎが連日報じられています。製造工程で微小な金属粉の混入が原因のようです。製造業や食品加工業では、空調管理、粉塵対策、清掃、エアカーテンなどの異物混入対策は品質管理においてあたりまえのことです。しかし、ソニーのような大企業でも発生します。

「何故、異物混入なんかが起こるの?」と思いますが、私が通販雑誌「通販生活」の商品開発をやっていた頃、大手メーカーで品質管理対策に万全であった食品にも、虫や小石などの異物混入はどうしても避けられませんでした。多くの原因は、原材料レベルで混入してしまうものと、人を介して、髪の毛や衣服に虫などが付着(特に山川の近くの環境に恵まれた工場に多い)して、工場内に持ち込んでしまうというケースです。

家電や自動車など大手の製造業ですら、「3シグマと」呼ばれる0.27%以下の不良率に抑えることに必死です。逆に言えば、アレルギー対策食品のメーカーも、工場で他の製品に使っているアレルゲンの原材料などが、数%の確率で混入する可能性は否定できません。そして、その数%がお客様の事故につながると思うと責任は重大です。

メーカーも販売者も「アレルゲン完全不使用です」「絶対安全です」などと言えない理由はここにあります。むしろ、このようなニュアンスを断言している商品やサイトこそ注意が必要です。

しかし、私たちも、過去に何度も混入事故を起こしている業者とは取引をしておりません。長年営業されている業者は、予防対策に結果が伴なっていることは言うまでもありません。

食物アレルギー対応食品&オーガニックコットン商品の通販トップへ

記事

ページトップへ